宛先は空欄

誰宛でもない、誰が読んだって自由な手紙

だからどうした、って話。

ご無沙汰しております。

お題の通り、最終的には「だからどうした」ってなる話をウダウダ書き連ねようと思います。←

 

世間を賑わせた『JOHNNYS' ALL STARS IsLAND』(以下『JAI』)が終演しましたね。

ゲストガチャでたくさんの先輩方が遠回しに後輩たちにトゲのあるメッセージを残していったようですね。

それでも私は今でもツイッターで“おふざけJr.ちゃん”たちに関する嘆きの呟きを目にします。

 

分かります。

気持ちはすごく分かるんです。

 

だけど、比べるんだったらまず“作品”なのではないかなって思ってしまったわけなんです。

 

まず私はみなさんが『JAI』におけるJr.のおふざけの基準がどういったものか分かりませんが、「あ、あの子ふざけてる」と観客が感じてしまえばそれは本人がどう弁解したって“おふざけ”になるのでしょう。

真剣にやってくれてない、と不愉快になるのは観客の自由だし特権です。

そして演者はステージに立つ者としてお客様に最良のものを見せることが仕事であり義務とも言えるのでしょうね。

 

もちろん、おふざけはいけないことです。

でも私は『JAI』出演者のみんなを真っ向から「あいつマジでふざけんな」って気持ちになれないんですよね、何故か←

 

よく引き合いに出されるのが『SHOCK』におけるおふざけのなさでしょう。

同じ帝劇で行われるジャニーズ作品ですから、比べられるのは当然ですが。

それでも『SHOCK』には、おふざけをぶっこむ“隙”も“余裕”もあったもんじゃありません。

まず作品の構造が違うのです。

『SHOCK』は私にとっては(技やショーの素晴らしさはここでは省きます)“夢を追い掛けた若者たちの青春物語”の究極であって、それ以上でもそれ以下でもありません。

舞台人の話ですから、演者は感情移入しやすいのでしょうね。

前田さんが「舞台人のために続けなくてはならない作品」と言い切っていましたので、舞台人にとって『SHOCK』とは自分自身でもあるのでしょう。

 

そして“堂本光一”という絶対的な神の存在。←

この人が真ん中に立っている限り、共演者の集中が切れることはありません。

 

それでは『JAI』はどうでしょう。

私は演者たちが不憫で仕方ありません。←

蜷川幸雄小池修一郎KERA、トム・ストッパードなど色んな天才たちの作品で真ん中に立ってきたあの井上芳雄大先生に「ストーリーが難解」と言わしめたジャニーズ作品の本質を、どうして人生経験の少ない子供たちが、今まで言われるがままに13月を探し続けていた彼らが理解することができましょうか。

ましてや私たちのような一般ピーポーがその作品の良さをどうして汲み取ることができましょうか←

 

本を読む時だって、映画を観る時だって、ストーリーがわけ分からないとうまく感情移入できないでしょ。

彼らもきっとそうなんです。

難解なくせに大きな穴がぽこぽこ空いているから、そこかしこに作品に“隙”ができているんです。

その穴や隙を埋めるのが演者の仕事なんでしょうが、そんな高度なこと、誰が教えてくれるのでしょう。

その現場に井上芳雄さんや中川晃教さんがいれば話は違いましょう。←

ですが芝居の稽古場には「セリフなんて自分の言いやすいように変えたっていい」なんて錦織さんの現場に慣れ切ってしまい、他の演出家の現場だったら激怒されることを平気で後輩たちに伝えてしまうある先輩がいる。

なんて不憫なのでしょうか。←

 

色々と書いてきましたが、ここで

「そんなことは関係ない。大切なのは帝劇という神聖な場所に立つことへの責任感だ」

と言われてしまえば終いでしょう。

でも私はそのことについてもJr.君たちが不憫でならないのです。

 

トッツーや塚ちゃん、藤ヶ谷さんたちは外部舞台経験者ですが、ほとんどのJr.君たちはジャニーズの作品にしかもちろん出たことがなく、他の現場の雰囲気を知りません。

俳優さんたちがどれだけの覚悟や情熱を持って舞台作りに臨んでいるのかも知りません。

それは経験者が教えていくべきことでしょうが、やはり体験しないことには分からないものだと思うのです。

彼らに、“帝劇の神聖さ”が分かるはずがないのです。

 

いや、分かってるんです。

そんなこと関係ないと。

ステージに立つ者としての意識は自ら学んでいくものだと。

部活感覚で立っていけないという意識を、自ら形成していくべきだと。

 

ここからは完全に極論ですが、

ふざけてしまうJr.君たちを同じ帝劇で上演されているレミゼミス・サイゴンにポンと放り投げたらどうなるでしょう。

実力がついていかないとか、そういうのは抜きにして、彼らから“ふざける”という概念は消え去るでしょう。

レミゼ』や『サイゴン』というビッグネームを前にして、彼らは硬直するでしょうか←

 

これら作品には、長年世界各国で上演され続けているというブランド、帝劇で確固たる地位を築いているという歴史があり、演劇人たちに敬愛されているというジャニーズ作品にはない魅力があると思います。

どんなに未熟なJr.君たちでも「ただ事ではない」と気付くでしょう。

 

そしてこれら作品にはもちろん“隙”がない。

文豪ヴィクトル・ユゴーが書いた傑作と誰が聴いても心が震える音楽、

ローレンス・コナーの目の覚めるような演出と人間たちのエネルギー。

演者が魂を削らないと表現できない圧倒的なパワーを作品自体がすでに持っているのです。

そして演者は作品に敬意を払ってステージに立っている。

この作品に出演させてもらえる幸せと喜びを噛み締めながらステージで生きている。

 

『JAI』にはそれが乏しい、残念ながら。

もちろん、Jr.君たち全員が舞台俳優を目指しているわけではないから、モチベーションが上がらないのも多少は分かる。

けれども『JAI』には演者が敬意を払うに値する“品格”が欠落している。

きっと考え抜けば奥深いはずの難解なストーリーと、華やかな楽曲、高度なショーパフォーマンスがちぐはぐで、どこにどう目を向ければいいのかが分からないのです。

断片的に見ればとても楽しい作品ですが、一連の流れで(にもなっていないものを無理やり繋げて)演じる彼らは色んな意味で相当疲れるだろうな、といつも不憫に思いながら観劇しております。←

 

おふざけは悪いことだけど、

今度は演者全員が魂を削って演じたいと心から奮起できる濃密な舞台が上演されることを願ってやみません。

 

だからどうした、というお話でした。

 

私のキジュン

ご無沙汰しておりますです。

 

ジャニーズ応援していると、

「誰が好きなんですか?」

「いつから好きなんですか?」

「その人(そのグループ)のどこが好きなんですか?」

「どんなところを見て好きになるんですか?」

とか、もうイヤになるくらい聞かれるじゃないですか。

(雑誌等のインタビューでタレントがめんどくさくなる気持ちが少しだけ分かる)

 

いつもはだいたい、ホント適当に(おい)、

誰が好きなの?→色々。

いつから好きなの?→物心ついたころから。あとはいつの間にか。

その人(そのグループ)のどこが好きなの?→雰囲気。

どんなところを見て好きになるの?→直感。

とか答えてるんですけど、だいたいの人に、「好みが分からない」って言われるんです。

まあ、統一感ないし。

あと、「好きになる基準が分からない」とも。

 

だから私が“応援したい”と思うジャニーズのグループについて書こうかと。

そういうことで今回は

 

「私のキジュン」

 

ジャニーズに関してのみ。何故ジャニーズが好きなのかはもう愚問。めんどくさい。←

 

※ちなみに何故「キジュン」がカタカナなのかは、最近、「佐藤勝利って顔面完璧だな」って初めて思う機会がありまして、

彼の「私のオキテ」に影響を受けました。←

 

 

早速ですが、いちばんのキジュンは

 

 

“何か”を伝えたいという意思の有無

その“何か”を伝える表現力

 

いわゆる“自担”を見て癒される、元気をもらうとか、そういうタイプじゃございませんで。

“自担”なら何でもかわいい、カッコいいとなれるタイプでもございませんで。

 

“担当”という特定の人を持たない私のスタンスは、上記の理由からなのでありまして。

 

ひとつのパフォーマンスを通して、楽曲の持つ意味や素晴らしさ、自分たちの個性や魅力を伝えようとする、表現しようとする、そんなグループが好きです。

ただ歌って踊って、楽曲を殺してしまっているようなグループは無意識に早送りするタイプです←

 

あとはそうですね、歌をうまくしようとする努力のカケラも見えないグループはあまり好きではありませんね。

どんなにダンスがうまくても、歌に説得力がないと悲しくなっちゃう。←

 

うーんと、つまり、“あのグループが好き!”、“○○君が好き!”というより、

 

“あの曲踊ったあのグループが好き”、“あの曲歌った○○君はカッコ良かった”っていうやつ。←

 

なので…

 

すんごい上から目線なんですけど、まずは一度コンサートやテレビで色々なグループのパフォーマンスを見て、それぞれ用途分けをして楽しんでます。←

 

例えば、

 

スピーディーなダンスを見て“無”になりたい時はSnow Man。

誰が何をやっているのか分からないほど複雑でせわしない動きをしてくれる彼らは、じっと見てないと追いつけないから、見ている間は余計なことを忘れさせてくれる。

でも、「Snow Manだからこういうパフォーマンスしとけばいいんでしょ」的なことが多い(楽曲の深堀をしてない)から、すごく歯痒い気持ちにもなる。

彼らオリジナルのパフォーマンスはものすごくカッコいいってことは分かるんだけど、その曲の持つ意味やメッセージ性をもう少し大切にして欲しい。

毎回、技の難度を更新してくるけど、いつも同じような印象になるのは、そのせいだと思うのね。

あとは歌唱力。

もったいない。歌になったとたん拍子抜けしてしまう。

個人的に佐久間君は化けると思うからもう少し頑張って欲しい。

 

“意思”も“表現力”も、ドカンとくるものが個人的にあまりないので、Snow Manはホントに“無”になりたい時に見ています。

カッコいい、カッコいいんだけどね。

 

やっぱり「Mr.Jerousy」を踊るSnow Manがいちばんカッコいいと思うんだけど、

それだと“バックダンサー”と認めてしまうことになりかねないので…

でも面白いので、今後を見守っていきたいと思います。←

 

 

個人的に苦手なジャンルの楽曲の良さを見つけたい時はSixTONES

とりあえずジェシーさんと京本さんが歌がうまいので聴くってのもあるんだけど。

彼らが歌う曲って、KAT-TUNだったり、Kis-My-Ft2だったり、何つーのかな、パンク的な、ロック的な、パーティーチューン的な…すいません、すごい雑に言えばガチャガチャしたパリピみたいな曲が多いじゃないですか。

こういう曲、すっごい苦手なんですよ。(いつもはゴスペラーズクリス・ハートを聴いて涙を流している人間です)

でもね、あら不思議。

SixTONESが歌うとカッコいい曲に聴こえちゃう。←←

キスマイの「Follow」なんて、キスマイで聴いた時はピンとこなかったのに、「え、すっげーカッコいいじゃん」って感動すらしました。

何だろうね、ダンスなんか特に、本人たちもいいんだか悪いんだか「揃えない」って断言してるほど際立ったものはないのに…何なんだろうね。←

※個人的に好きな人はSixTONESにはひとりもいらっしゃいません。

 

多分ね、楽曲の世界観の理解度なんだと思う。

それはきっと、歌唱力も関係しているんだろうけど、楽曲の魅力を引き出せるのがSixTONESなんだと思う。

 

 

音楽を楽しみたい時はLove-tune

「Heavenly Psycho」を歌っている彼ら4人がとても好きでした。

“バンド”だからもちろんなんだと思うけど、“音楽”を愛する気持ちがパフォーマンスに溢れているから。

どのグループよりも“音楽”を楽しんでるから。

ちょっとずつ歌もうまくなってきてるから、説得力も増してきて。

バンド、ダンス、歌…表現方法も幅広いから、見ていて純粋に楽しい。

まだ新しいユニットだからなのかもしれないけど、どんな曲でも新鮮に思える。

ってなわけで生暖かい目で見守っています。←

 

 

ワクワクしたい時はMADE。

露出が少ないというせいもありますが←

とにかく彼らが踊っているとワクワクする。

秋山さんがそうだからなのかもしれないけど、楽曲の世界観の深堀が素晴らしい。

あとは歌かな?

ちゃんと聴いたことないから分からないから、来年はダンスにびっくりするだけじゃなくて、歌もしっかり聴きたい←

 

 

安心したい時はふぉ〜ゆ〜。

安心したい時ってwww

自分で書いて何か笑えてきた。

 

歌ヘタだから耳は癒されないんだけど、心が癒される。

どんなパフォーマンスも、4人が同じ方向を見つめて、同じものを目指してるのが分かるから。

ちゃんと意識を共有してるのが伝わるから。

心が揃ってるからダンスも揃うし、

曲ごとにそれぞれが醸し出す雰囲気も揃うんだと思う。

早くコンサートやってね。

 

 

結局はA.B.C-Z

やっぱり戻ってきちゃうよね←

毎回、曲ごとのコンセプトが明確だし、最近は一切マンネリもないし。

戸塚さんと橋本さんの力が大きいけど、歌に説得力もある。

特に橋本さんの歌声は、最近はホントに“心”が伝わってくるようになった。

 

まあ何が言いたいかっていうと、A.B.C-Zのパフォーマンスは、

曲ごとに必ず表現しようとするものがあって、それを伝える力を持ってて、

毎回新鮮な驚きや喜びやハッピーをくれる。

私にとってのA.B.C-Zはそういう存在。

なんだかんだ言って、彼らのコンサートが私はいちばん楽しいし、彼らのダンスがいちばん好き。

Jr.の子も雑誌で言ってたけど、揃ってるとかの話じゃないんですよね。

何なんだろうね。

素敵だよね。←

 

 

早く会いたい屋良朝幸。

これ全然話題変わるんですけど、色々うだうだ書いてきて、何だ、この最近の物足りなさは…と思って。

 

屋良さんのパフォーマンス最近観てない。

 

心のなかに、決して曲がらない伝えたい“想い”があって、それを歌やダンス、芝居などで形にして届けてくれる屋良さん。

いつも何かを投げ掛けてくれる屋良さん。

 

 

『クロスハート』早く観てぇ。

 

 

 

何か、全然「私のキジュン」の話じゃなくなったけどww

また最後にすっげー雑にまとめるけど、

 

私は、

 

好きな時に、

気になる人やグループを、

勝手気ままに応援して、

勝手気ままに離れたり戻ったりして、

応援したいと思える人探しを常に楽しんでる

 

そんな人間です。←

 

“応援したいと思える人”っていうのが、さっきまでダラダラ書いてたことのなかにある、“何かを伝えてくれる人”、“何かを表現してくれる人”。

 

全員が“表現者”なのには変わらないけど、

その表現しようとする気持ちの強さや熱量は様々だと思うんです。

 

それぞれが抱く想いを、心を込めて表現しようとパフォーマンスしている人たちのことを応援したいってことですな。

(もうホントに雑に言えば、ジャニーズだけどアイドルらしからぬジャニーズが面白くて好きってこと)

 

ではでは。

 

※個人的な事情でSnow Manに対して辛口だわ、ごめんなさい。←

 

 

MADEクリエー秋山大河の演出力が光ったライブー

とまあ、大々的な見出しにしてみたものの。

そこまで語れるかは分かりません←

 

ということで、5月10日に行なわれた『ジャニーズ銀座』MADE公演に入ってきました。

 

MADEね、“初単独”っていう無敵の鎧を着ているから、そりゃ感動するだろって思ってたんですけどね。

それにね、初単独だから、見るものすべてが観客にとっては新鮮で、うれしくて、もうフィーバーじゃないですか。

 

でもね、それを全部剥ぎ取っても、本当に素晴らしい公演だったんですよね、ええ。

私、MADEに詳しいわけでも、嵐やNEWSに詳しいわけでもないです。

だからね、“彼らの今までの歩みや苦労が報われて、やっと辿り着いた晴れ舞台”じゃなくて、心から“彼らのパフォーマンス”に感動したわけなんですよね。

いつもならジャニ銀なんて3か月後くらいにまとめて感想書くんですけど、

このMADE公演だけは忘れないうちに書いとこーと思って、

やることいっぱいあるのにブログの画面を開いたわけであります。(明日の自分が今日の自分を呪う確率100%)

 

とりあえず私的にMADEクリエの何が良かったかって、そりゃもう演出と構成だよね、みんなだってそうだよねって話。

“MADE喫茶”っていうひとつの大きなテーマを掲げたのも好感が持てる。

テーマがあれば、どんな曲もより一層ドラマチックになるからね、やっぱり舞台班推せる。

 

それでいて1曲目のボニバタね。

あの曲の使い方新しいよね。

キンキとかが必ず踊るし、もう定着した振付があるから踊らないっていう選択肢はきっと避けがちになるだろうに、彼らは堂々と演じてたよね。

しかも、ファンにはたまらない日常的な仕草の数々をたんまりと。

君と僕が同じ気持ちなら心を開いて 僕が捕まえてあげる
“君を愛しているから” 僕の目を見てキスして
君が僕といたいのならいてあげるよ 二人の新しい日々をはじめよう
“君を愛しているから” 君と一緒にいよう

これ、ボニバタの英語詞を訳したものとしてよく出回ってるものなんですけど、

これを分かってて1曲目に持ってきてたらすげーな、やべーなっていう。

とやかくは言いません、MADEからのメッセージだと妄想して受け止めましょう。←

 

「MADE IN JAPAN」を頭に持ってこなかったの、本当に推せる。好き。←

“開店準備”っていうコンセプトもあるんだろうけど、1曲目にムーディなボニバタもってきたことで、次の「MADE IN JAPAN」がさらに生きてるなって思ったの。

ボニバタでさ、「あーついにMADE単独始まるまじやばいOP曲何早く4人に会いたい」っていうもうどうしようもない高揚した気持ちを1回ちょっとだけ落ち着かせるの。

それで観客にじーっと自分たちを見させるの。

日常的でふわっとした仕草だから、観客は一瞬の行動も見逃すまいと4人に集中するでしょ。

それで観客の心の準備が整ったよね。

ボニバタの4人はもちろんカッコ良過ぎるんだけど、カッコ良過ぎて「はあああ…」的な興奮だったじゃない。

それね、すごく次の「MADE IN JAPAN」への効果的な弾みになったと思うんだよね。

しょっぱなから「MADE IN クリエ!」って言うありきたり感避けたところが本当に推せる。

しかもクリエだから伝わることを持ってきた。

あの小さいハコだからこそできる細かい表現を選んだMADEのプロデュース力に乾杯。

観客は最初からじっと4人を見つめることができて、幸福感いっぱいのまま始まる「MADE IN JAPAN」はさぞ幸せだったっつうんだよ!←

それでさ、ボニバタがゆっくりした落ち着きのある動きだったから、「MADE IN JAPAN」はすごく早くて余計カッコ良く見えるんだよ!

 

そんで「Dear WOMAN

君が今ここにいること

とびきりの運命に 心からありがとう

ありがとうーーーー!←

MADEとファンがここに集ったとびきりの運命に心からありがとう!

最高のWelcomeソングだよーーー!

何度も何度も繰り返される歌詞がMADE4人の気持ちを代弁してくれてたね。

 

そんで「迷宮ラブソング」への転換もフラットでとっても心地よかった。

あ、ちなみに“MADE喫茶”って聞いた瞬間にこれ歌うだろうなって思ったのはさておき←

オリジナルの振付ってところがポイント高し!

 

ソロ曲最初は福士君。

舞台の全体を使って移動して、色々画が変わって面白かった。

今回は明るく元気なナンバーをやった福士君だけど、ちょっとシリアスなナンバーを踊る彼も見てみたいと思った。

 

んでラジオのINTERがあったわけだけど。

これ、もう1回くらいあっても良かったんじゃね?ww

稲葉が衣装作ったよってことを伝えたいがためだけにぶっこんだ感があったから…

なーんてことは置いといて!←

原君の小芝居が個人的にツボだったよ!

 

「Love Situation」で稲葉君担当の衣装を着て登場。

え、くそかわいいじゃん。さすがじゃん稲葉さん。

 

個人的に秋山君の帽子が気になった←

 

ここからの「サワレナイ」への転換も心地よかった!

急過ぎずため過ぎず。

ポップな曲からセクシーな曲への転換って難しいよね。

「ええ、いきなり!?」ってなるグループが多いけど(誰とは言わない)、4人に関してはそれがなかった。

いやー、絶妙な間。

「あーかわいかった」って思う観客の心のなかの間が彼らには見えてるんじゃないかってぐらい自然な流れだった、すげー。

 

次の稲葉の「FEEL IT」と「サワレナイ」、どっちが先に決まったかは分かんないけどさ、上手にスタンドマイクパフォーマンス繋げてきたなーって。

(大河君は多分演出ありきの人だろうからどちらにせよ曲決めがあとかなとは思うけど)

「FEEL IT」がロックナンバーだから、重めのセクシーソングだとキツいけど、「サワレナイ」はちょうどいいよね、好き。←

 

「Disco Star」はちょっと頭がついていけなかったww

これは…「ハッチャけかわいいMADE」を表現したかったのだろうかwwww

君たちひょっとして煽り曲系苦手か!!←

秋山先生、教えてください!←

ただ寺西がくそ面白かったww

 

んで、何故か加藤シゲアキに笑いの神が舞い降りたMC後から、なんとなーく和を予感させるナンバーへ。

「さくらガール」からふわっと入っていくのがたまらないよね。

そんでとみーの「ツキノミチ」。

“あれ、これもしかして”っていう感じで、観客が徐々に“和”のパートへ入っていったことに気付くんだよね、大河演出やっぱり推せる。

「ツキノミチ」って普通に考えたらとみー振付なんですよね? これ。

彼は「夜の海」踊りたいのかな???

あそこ、私「夜の海」の振付のなかで3番目くらい(微妙)に好きなんすよね!!

「ツキノミチ」の演出も良かったよねー。

とみーの後ろにバック4人が並んで、“どこまでもついてくる長い影”みたいになってて。

ぴょんぴょん跳ねるとみーもいいけど、「ツキノミチ」のとみーもドラマチックで儚くて素敵だったなー。

 

んで、次のINTERね!

幻想的な雰囲気から一変して真っ赤な照明に真っ赤な布。

からの「KAGUYA」で和傘パフォーマンス。もうね、みんな大好きな“和”、これぞ“和”。信頼と安定の“和”。

ロックっぽいのに艶やかになるのは手越の力だと思ってたけど(他3人に失礼)、MADEもすげー色っぽかった!

特に秋山大河の指先と流し目がえげつなかった(言葉遣い)。

「IZANAMI」の前に挟まれたBGMも良かったなー。

イントロの切なさがすんごい際立った。うま過ぎ。

雅な雰囲気って醸し出すの難しいよね、なのに何でMADEだと自然なんだろう。

嵐とNEWSのパフォーマンスよく見てた証拠だね、うまい(しつこい)。

それでサっといなくなっちゃう感じもずるい!

余計切ないよ! 儚いよ! ヌメっとした余韻じゃなくて、ふわっといなくなるの素敵だよ!←

いやー、この“和”パートは相当凝ってて見応えあったなー。

 

んで「ラブピ」、そのままの振付でやってくれてありがとう♡

 

あれ、「ポコポンペコーリャ」で出てきたマスコットみたいにかわいい男の子たち誰?

あ、MADEやん!←

“和”パートで提示した自分たちとは真逆の自分たちをここで持ってくるって。

さすがだよ!←

GAPのかたまりだね。

「EYES WITH DELIGHT」もそうだけどさ、かわい〜感じで、軽めのパフォーマンス見せてちょっと油断させるのも、次の「Remedy」「Super SONIC」のためなんだよね…

いやー、すごいわ。練られてるわー。しかもそれがちゃんと成功してるわー。

(あ、コール&レスポンスのコーナーで、稲葉君のコールが「稲葉」だったのちょっとかわいそうとか思った←)

 

はい、ようやく辿り着きました。

「Remedy」からの「Super SONIC」

大河君の「Remedy」、彼はフードの扱い方が抜群に上手ですね。

この2曲、大河君的に相当ツラいだろうけど、ここを繋げるのに意味があるんすよね、きっと!

私、ライブでは1曲か2曲絶大なインパクトを残すものが絶対的に必要だと思ってて。

詰め込まれ過ぎてても、あとで思い返した時に、「あれ、結局何だったんだ?」って思うことも多々あるじゃないですか。

「結局彼らは何をいちばん見せたかったの? 何を伝えたかったの?」って(誰とは言わない)。←

 

MADEにとって、その絶大なインパクトを残して今回の公演を観客に一生覚えておいてもらうための曲がこの「Super SONIC」だと思うんですよ。

おまけに「Remedy」を前に置いて踊りまくった印象を植え付けることで、流れとして覚えてもらえる。

うまいよねーーーーーー!!! みんなこの作戦にドハマリだよねーーーー!

もちろん私もーーーーーー!←

 

「Super SONIC」、目まぐるしい動きと多様なフォーメーションで追い付かないほどなのに、何だろう、すっきりして見えた。

ごちゃごちゃした印象は一切なくて、気持ちいいほどの統一感ていうの?

めちゃくちゃ色々詰め込んでるのに、同時に余分なものは削ぎ落とされて洗練された感じ。

何だこれ、秋山大河天才か。

最後列で見学してたJr.も「やべー!やべー!」「何だこれ!」って叫んでましたけど同感だよ。

久し振りに鳥肌立ったわ。

(前回ダンスで鳥肌立ったのは、去年観たs**t kingz)

あと大河君のフォーメーションの引き出しの多さな。

縦とか斜めの形も多かったけど、全部かぶってるようには見えなかったなー。

見るたびに新鮮な形で、全く飽きなかった。

あー、大河君、このまま埋もれないで欲しいよー、もったいないよー!!←

 

それでさ、特に特別な余韻も残さずに、何もなかったように「ひと夏の…」「三十路少年」歌ってるんすよ。

アホか。もっとドヤ顔しろや。←

 

いきなり話変わるけど、「愛を叫べ」どんだけのグループが歌うねん!!

楽しいかよ!←

 

そして本編ラストに「ありがとう」を選んでくるMADEの真っ直ぐさ。

実直過ぎてまぶしいよ。

こんなにも素敵な人たちがそばにいてくれた

君たちが素敵な人たちだから素敵な人たちがそばに集まるんだよ!←

 

何度も何度も「ありがとう」と届ける彼らに、思わずウルウル…。

大きな大きな愛情だけで

僕らはきっと強くなれるんだ

 

たくさんの大きな大きな愛情に包まれたクリエで、とみーは最後にこう言った。

 

「今日これから、僕たちの新たな一歩が始まります。僕たちなら、そしてみなさんなら、乗り越えていけると思ってます。なので、僕たちに、これからも、ずっと、ついて来てください」

 

“乗り越えていける”

 

大きな大きな愛情に背中を押されて、この日もまた、MADEは強くなったね。

何を乗り越えていくのか、それはきっと言葉にするようなものじゃないんだろうけど、でも、また“次”に向かうには何かを乗り越えなきゃいけないもんね、きっと。

何だろう、このとみーの言葉、何か頭から離れないんだよね。

 

 

とまあ色々私情も挟みつつウダウダと書いてきましたが、とにかくMADE最高。

みんなで踊って盛り上がれる曲ありーの、一方的にパフォーマンスで圧倒してくれる曲ありーので、そのバランスが絶妙だったなと。

何よりも、すべての曲を生かすために、そしてすべての曲で個人を輝かせるための演出が他グループより抜きん出てたよね。

「これを表現したいからこうしよう」「この曲はこうだからこういう流れにしよう」っていう緻密に計算された構成と、それに懸けるアツい想いが伝わってきたし、その想いをしっかりとパフォーマンスで見せつけてくれた。

どこまでもこだわって、そのこだわりには計り知れない情熱と愛があった。

 

会場全体で「MADEー!」と叫んだあの瞬間、

いつまでもずーっと輝いてるといいな。

あの感動を、彼らが忘れずに、もっともっと広い会場で名前を叫びたいって

みんなが思ってくれてるといいな。

それが次に向かう原動力にもなるはずだから。

 

「願いは叶うね!」

 

この言葉をまた聞きたいね。

 

ああ、また感情的になってしまった←

だってMADEさんたち素敵過ぎるんだもの。

 

あれだけ難易度の高い振付、凝った演出するJr.って存在していたのだね。

いやー、いいもん観たわ。

曲間がこんなにも気持ちいいクリエって私初めてでしたよ。

1秒長いか短いかでも絶対に違うの。

とりあえず緩急つければいいって話でもないの。

MADEさんは構成の面ではお手本になるだろうから、ちゃんと観たほうがいいよ(誰とは言わない)←

 

あ、あとMADEに限らずみんな歌に自信がないのか、バラード歌わな過ぎな。

今回はギリギリ「ツキノミチ」があったけどあれはソロだし…。

「もう君以外愛せない」級の極上バラードも歌えるようになって欲しいものだよ。

その点They武道(主に林君)に期待してます。

 

あ、They武道ってことでまた話戻るんだけど←

「Super SONIC」の時、見学のやまりょが身を乗り出して真剣に見入ってたじゃん。

あれで相当刺激もらったはずだよね。

Theyちゃんも余計に楽しみになりました♡←

 

以上、長文にお付き合いいただきましてありがとうございました。

(じつは嵐の『Japonism』の下書きがまだ残ってるなんて言えない)

 

 

『Mr. Jealousy』のSnow Man

えーっと。

 

最初に書くことがふぉゆじゃなくてすのかよっていう…(笑)

そして今更感ハンパない『Me.Jealousy』についてという…(笑)

 

ツッコミどころ満載だけど、とりあえずこの時のカッコ良かったSnow Manについて勝手にうだうだ書くね

 

少年倶楽部で披露された、猟奇的とも言えるケンティ自作曲。

歌詞については一切触れませんが、こんな素敵な雰囲気にある曲にしてくれてありがとう、mOnSteR nO.9/Jo Heeさん。

そしてこんなセクシーで独特な振付をしてくれてありがとう、どこかにいらっしゃるであろう振付師さん。

ケンティもこの曲を披露してくれてありがとう←

 

まあね、ケンティにSnow Manつけるなっていう意見もちらほらと見掛けましたよ。

でも私は、正直そんなことどうだっていいんですよ←

 

Snow Manはやっぱり職人

Snow Manは何やらせても最高のパフォーマンスしてくれる

 

ホントにこういうことは正直1ミリも思ってなくて。(悪い意味でなくて)

 

ただただ、

ひとりひとりのダンスの特徴とか性格がすごく出ていて、ホントーに面白かったんで。

 

何かね、ダンススクエアのリレー連載で、渡辺翔太が「印象に残る振付」でこの曲を挙げていたことに納得したというか。

 

Snow Manに詳しくない私がこんなこと言うのも違うかもしれないし、ただ私の知識が浅いだけかもしれないけど、

ここまで余韻を残す振付、彼ら今まであんまりやってこなかったんじゃないかなって。

むしろ何でやってこなかったのかなって。

 

スタイリッシュにさらっと踊り“こなす”なかにも、確実に“岩本照”を残すことができる岩本照。

振付に忠実に(たまに口開いちゃってても)一生懸命、そのなかでも細い指の美しさが際立つ深澤辰哉。

ヒップホップのクセからか、他メンバーよりも重心が低い時がたまにあるけど、やっぱり“止め”が綺麗な渡辺翔太。

ボディ・ウェーブの美しさはダントツ。サウンドの隙間をめいっぱい使って、誰よりも美しい余韻を残す宮舘涼太

群を抜いた表現力を基盤に、曲の世界観に完璧に入り込んで、その曲のなかの人物として生きることができる佐久間大介。

徹底的に基礎を大切にして、周囲と合わせようとしている姿が個性になる阿部亮平。

 

ね、ボキャ貧だけど。

 

ホントのことなんて 

聞いてもYou won't tell

曲の歌い出し、ここでももう宮舘君は、“宮舘涼太”を発揮している(笑)

この一瞬で色気たっぷりに、ゆっくりと指を頭の近くまで移動させる。

あの色気な(笑)。

 

アタマニキタ。

Coz baby you've got fire!

 

ここの頭を抑えるような振付が個人的に好きなんですが、

最初の場面は渡辺君と佐久間君が映ってる。

ふたりとも全然違うー。面白ーい。

ヒップホップ得意な渡辺君はとってもうまいね。

やっぱり止めるべきところで止めるの綺麗。

佐久間君のは“佐久間流”ですんごい面白い。すんごい綺麗。 

 でも、同じ歌詞部分の振付でも、岩本君のはすんごい柔らかくて、余分なものを削ぎ落した感じ。

 

Don't like it! もうMr.Jealousy!

Whateverどうぞご勝手に?

サビ部分、ユニゾンで揃えるこの曲の象徴的振付のひとつかな。

肩の関節の使い方が独特で難しそうだけどカッコいい。

ここもみんな全然違って面白い。

多分この部分だけでも20回以上は見てる気がする(笑)。

個人的に“止め”が綺麗な渡辺君の踊り方が好き。

岩本君、深澤君、阿部君は、肩の力を抜いたような自然な動き。

宮舘君、佐久間君は色気むんむんで、肩の関節のひとつひとつの動きにしっかりと波をつけているような印象。

みんな綺麗で上手なんですけどね。

 

まあとりあえず

Na Na Na Na〜

ここだよね(笑)

両腕を交互に上下に動かす振り。

上にそっと差し出すような優しい動きをする岩本君と阿部君。

とにかく指が綺麗な深澤君←

両腕と連動して片足が上がっちゃう渡辺君。

空気をこねくり回すかのようなムーディな宮舘君。

空気を切り裂くような疾走感がある佐久間君。

…うん、やっぱり面白い。

 

Na Na Na〜

Jealousy, Jealousy Luv

この部分、ケンティを囲むように全員がセンターに集まってリズムをとるところ。

Na Na〜の間に“hey!"って入るんですが、そこもみんな違う。

“hey!"の一瞬のリズムだけを使って決めポーズをとる岩本君、深澤君、渡辺君、阿部君。

“hey!"のあとのちょっとの隙間さえもポーズの余韻に使う宮舘君、佐久間君。

これね、あからさま過ぎて笑いが止まらなかったwwww

個人的には、何かを誘うような宮舘君の残す余韻が好き。

 

 

あとはあそこだよね。

ケンティを真ん中に3人ずつに分かれて列作って、一斉にボディ・ウェーブ連発するやつ←語彙力

 

あーやっぱり柔らかいなーって感心するのが岩本君、宮舘君、佐久間君。

一生懸命上半身を動かしてるけど、上記の3人に比べると固さが目立つ深澤君、渡辺君、阿部君。

「基本、何でも得意」派が柔らかい組。

ジャズダンス系はちょっと…」派がちょい固い組。

あ、深澤君についてはあんまり分からないです←

 

この1曲だけで、Snow Man6人のダンスの特徴と性格が分かって面白かった、だから「Mr.Jealousy」は何回もリピートしてしまうのよって話でした。

ちなみにこれは私個人の感想であるので、どうか寛大に見守ってくだせぇ。

 

それでは、長文失礼しました。

おやすみなさい。

 

 

初めまして

こんにちは。

アメブロのほうを読んでくださっている方も少なからずいらっしゃいますと思いますが、初めましての方、どうぞお見知りおきを。

 

「働くの辞めたい」と心底思いながらも、流れ続ける悠久な時間に飲み込まれながら、なんだかんだ社会人2年目を迎えました。

 

アメブロは最近、基本パス付きで仕事関連のことをうだうだ書いております。

こちらは何て言うんでしょうか、パスを付けるほどのことでもない内容をうだうだ書いていこうかと思っております。

 

そうですね、結局Jのみんなから離れられずに、色々思うことやムカつくこと、もちろん感動すること、たくさんあるんです。

ですから、そういったことをこちらでうだうだ書いていこうかと。

 

アメブロのほうと同様、こちらも無味乾燥な文面でいかせていただきます。

 

それではまた。